学生フォーミュラとは?

学生がベンチャー企業として車両を設計製作し、その車両の企画、性能を競い合います。

開催の背景

自動車産業への優秀な人材は、近年の少子化などから人材不足が心配されます。
また、より実践的なものづくり教育も求められています。
その中で、米国では、「Formula SAE」を開催し、学生が実際に能力や知識を発揮できる場を提供することで、人材の育成の環境を確保しています。
日本でもそのような環境を用意し、人材を育成していくため、2003年から全日本 学生フォーミュラ大会を開催しています。

EVクラス

境問題の観点から、ハイブリッドカーやEV(電気自動車)の関心が高まってきており、現在では多くのハイブリッドカーが販売されています。
学生フォーミュラでも、2013年の第11回大会から、電気自動車の競技であるEVクラスを正式種目として開催しています。
既存のガソリンクラスとは別にルールが設けられていますが、ガソリンクラスと対等に戦わなければなりません。
完走が非常に難しく、車検を通らず走れないチームも多い現状です。

大会概要

主催

公益財団法人自動車技術会

後援

文部科学省、経済産業省、国土交通省、静岡県、掛川市、袋井市、 掛川市教育委員会、袋井市教育委員会、掛川商工会議所、袋井商工会議所、 日本自動車工業会、日本自動車部品工業会、NHK、東京放送、 テレビ朝日、 静岡新聞社・静岡放送、静岡朝日テレビ、静岡第一テレビ、テレビ静岡、 静岡エフエム放送(K-mix)、朝日新聞社、読売新聞社、毎日新聞社、 日本経済新聞社、日刊工業新聞社、 フジサンケイビジネスアイ、日刊自動車新聞社

協賛

産業技術総合研究所、交通安全環境研究所、日本自動車研究所、 日本私立大学協会、日本私立大学連盟、公立大学協会、国立高等専門学校機構、 日本工学会、日本ゴム工業会、計測自動制御学会、 潤滑油協会、日本機械学会、 日本工学教育協会、日本工作機械工業会、日本ゴム協会、日本材料学会、 日本自動車タイヤ協会、日本設計工学会、日本陸用内燃機関協会、溶接学会、 日本自動車車体工業会、 日本自動車整備振興会連合会、日本自動車機械器具工業会、 日本自動車連盟、日本自動車販売協会連合会、土木学会、全国自動車大学校・整備専門学校協会、電気学会
inserted by FC2 system